市政報告会

新年のご挨拶
ホーム
基本政策
市政レポート
お知らせ
プロフィール
リンク
お問い合せ
市制レポート
《昨年の活動報告》

全小中学校へエアコン設置に向け

 エアコン設置を求める住民投票から2年半が過ぎ、狭山ヶ丘中学校のエアコン工事も終わり、今年北中小学校の工事が予定さています。市長は今後、環境、予算その他総合的な観点から検討すると述べていましたが、今後の予定は何も示されていません。
 29年度までで埼玉県の設置率は84.9%。入間・狭山・飯能市など近隣市は100%完了しており、予算的にもリース方式やPFI 方式を使えば財政負担も軽減されます。また環境面でもガス(GHP)方式を使えばCO2排出は40%削減、維持費は1年を通じ冷暖房合わせても現在の重油暖房費より40%節約できます。9月、12月議会で指摘してきましたが、1日も早い全小中学校への設置を目指します。


雨水対策・町内全防犯灯LED化へ
市政レポート 雨水対策・町内全防犯灯LED 化へ

 台風の伴う雨水対策のため、雨水施設の整備や家屋の浸水対策に土のうステーションを設置しました。また町内会のすべての防犯灯がリース方式で一挙にLED 化になりました。5倍明るく、玉切れ約10年なく、電気代も半分以下になりました。暗くなった狭山ヶ丘大通り商店街にも市で13灯、県で3灯設置しました。


三ケ島2丁目墓地計画地、
公有地化へ向け第一歩
市政レポート 三ケ島2丁目墓地計画地、公有地化へ向け第一歩

 所沢の緑の象徴として、また「となりのトトロ」で有名な狭山丘陵に「墓地計画」が浮上して約3年が経過しました。
 市条例にある「里山保全地区」が無断伐採されたり、森林法、県条例にも違反した事を議会でも今まで追求してきましたが、事業主が計画地を市へ売却を検討に入りました。
 12月議会に不動産鑑定料が計上され、これから用地交渉に入ります。
 ふるさと所沢の緑を守ります。


北朝鮮ミサイル対策と所沢市
Jアラートの訓練実施

 米国と北朝鮮の緊張関係の中、北朝鮮から日本海へミサイルが着弾しており、全国の多くの地域で避難訓練も行われています。所沢市も米軍通信基地を抱えて、米軍横田基地との関係でも、弾道ミサイルのターゲットになる可能性があります。議会でそのリスクと非常時の対応について質しました。
 まず、所沢市がターゲットとなる場合、迎撃体制として、米軍または自衛隊のイージス艦から迎撃し、また、入間基地などにあるパトリオットミサイル・PAC3でも2段階で迎撃します。日本のレーダーで察知された瞬間に、緊急サイレン後、Jアラート(全国瞬時警報システム)が防衛行政無線などを通じ発せされます。
 市として避難訓練の予定はありませんが、緊急速報メール、ところざわホットメールでも情報が流れます。Jアラートの訓練も11月1日に行われました。
 これからも警戒していきます。


詳しくはこちら(PDF版)をご覧ください。市政リポート

インフォメーション
《市政報告会を開催しました》
市政報告会

 4月16日、 午後3時から 狭山ヶ丘コミセンにて定例の市政報告会を開催しました。3月議会の報告後、地元の皆さんの要望、意見をお聞きしました。高齢者対策に対する意見や、雨水対策の要望など、多く寄せられました。
 これからも地元の皆様の声に耳を傾けてまいります。

Copyright 2015 赤川ようじ後援会 All Rights Reserved.